トップページ > 解説:美容の基本「そのほかの主なホルモン」

美容への関心が益々高まる中、かつて経験したことがないくらい美容ケア商品に溢れています。「どうせ買うなら自分にピッタリのものを選びたい」という気持ちはあっても、専門的な用語が使われていたり、わからないことも少なくあリません。消費者自らが美容に関する知識を積極的に習得し、数多い商品の中から、ある程度は自分の力で自分に合ったものを正しく選び出せるようにと願っています。


>>>最新の美容サプリ比較ランキングはこちら

そのほかの主なホルモン

その他の主なホルモンは以下の通りです。

・甲状腺ホルモン

チロキシンとトリヨードチロ二ンが主でありエネルギー代謝を調節する(新陳代謝を活発にする)重要なホルモンです。

細胞の代謝率を上げて体温を上昇させ、グリコーゲンを分解します(その結果、血糖値が上昇します)。

・副甲状腺ホルモン

血液中のカルシウム濃度が低下すると副甲状腺ホルモンが分泌され、破骨細胞が骨の破壊を促してカルシウムを血液中に放出します。

これにより血液中のカルシウム濃度が正常に保たれます。

古くなった骨を破骨細胞によって分解し(溶かし)壊していくことを骨吸収といいます。

一方、骨芽細胞は、骨の溶けた部分にハイドロキシアパタイトを沈着させて骨形成をおこないます。

骨吸収が骨形成を上回る状態が長期間続くと骨量・骨密度が下がり、やがて骨粗しよう症を発症します。

・カルシトニン

骨から血中へのカルシウム遊離を抑えると共にリン酸の放出を抑制することにより、血中カルシウム濃度を低下させる働きがあります。甲状腺(傍ろ胞細胞)よリ分泌されるペプチド系ホルモンです。

(続く)

さて、美容成分の中で特に人気なのが「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」と言った美肌成分ですが、当サイトではこれらの美肌成分を摂取できるサプリメントを「美容サプリメント」として比較・ランキングしています。

美容サプリメントにご興味がある方はご活用ください。

>>>ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど!美容サプリメント比較