トップページ > 解説:美容の基本「そのほかの主なホルモン(3)」

美容への関心が益々高まる中、かつて経験したことがないくらい美容ケア商品に溢れています。「どうせ買うなら自分にピッタリのものを選びたい」という気持ちはあっても、専門的な用語が使われていたり、わからないことも少なくあリません。消費者自らが美容に関する知識を積極的に習得し、数多い商品の中から、ある程度は自分の力で自分に合ったものを正しく選び出せるようにと願っています。


>>>最新の美容サプリ比較ランキングはこちら

そのほかの主なホルモン(3)

その他の主なホルモンは以下の通りです。

ガストリン

主として、胃の出口に近い幽門前庭部のG細胞から分泌されるホルモンです。

胃の分泌機能を刺激する作用があり、胃主細胞からのぺプシノゲン分泌促進作用や胃壁細胞からの胃酸分泌促進作用があります。

セクレチンに よってガストリンの分泌が抑制されます。

インスリン

膵臓のランゲルハンス島B細胞(β細胞)から分泌されるホルモンです。

生体内において血糖値を降下させる唯一のホルモンであり、糖尿病の治療に用いられています。

グルカゴン

膵臓のランゲルハンス島のA細胞(α細胞)から分泌されるホルモンです。インスリンとは逆に、肝臓や筋肉に蓄積されているグリコーゲンを分解し、血糖値を上昇させる働きがあります。

(続く)

さて、美容成分の中で特に人気なのが「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」と言った美肌成分ですが、当サイトではこれらの美肌成分を摂取できるサプリメントを「美容サプリメント」として比較・ランキングしています。

美容サプリメントにご興味がある方はご活用ください。

>>>ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど!美容サプリメント比較