トップページ > 解説:美容の基本「血管の構造」

美容への関心が益々高まる中、かつて経験したことがないくらい美容ケア商品に溢れています。「どうせ買うなら自分にピッタリのものを選びたい」という気持ちはあっても、専門的な用語が使われていたり、わからないことも少なくあリません。消費者自らが美容に関する知識を積極的に習得し、数多い商品の中から、ある程度は自分の力で自分に合ったものを正しく選び出せるようにと願っています。


>>>最新の美容サプリ比較ランキングはこちら

血管の構造

血管は3層構造となっており、輪切リにした場合、それぞれの層を外側から順に、外膜、中膜、内膜とよんでいます。

内膜の内側が、血液が通る内腔となっています。

血管は、大きくわけて動脈、静脈、毛細血管の3種類があります。

太い動脈が心臓からのびており、何度か細く枝分かれしながら毛細血管につながったあと静脈と連続し、そして合流しながら心臓に戻ります。

毛細血管につながる動脈を細動脈、毛細血管から連続する静脈を細静脈ということもあります。



動脈は、心臓の拍動によって心臓から血液を送り出し、末梢の細胞や組織に酸素や栄養などを運びます。

中膜の平滑筋と弾性線維によって伸縮性に富んだ構造となっています。

動脈から毛細血管を経て、血液を心臓に送り返す血管が静脈です。

ところどころ、内膜に弁(静脈弁)がみられ、血液が逆流するのを防いでいます。

平滑筋は動脈よりも少なく、弾力性が劣ります。

動脈と静脈、詳しくいえば、 細動脈と細静脈とを結ぶ網目構造の血管が毛細血管です。

平滑筋はもたず薄い内皮細胞からなっています。

毛細血管は、細胞1つひとつに栄養や酸素などを届ける必要があるため、10μm(1ミリの1000分の1)前後という細い血管が全身に網目状に走っています。

(続く)

さて、美容成分の中で特に人気なのが「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」と言った美肌成分ですが、当サイトではこれらの美肌成分を摂取できるサプリメントを「美容サプリメント」として比較・ランキングしています。

美容サプリメントにご興味がある方はご活用ください。

>>>ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど!美容サプリメント比較