トップページ > 解説:美容の基本「歯の構造」

美容への関心が益々高まる中、かつて経験したことがないくらい美容ケア商品に溢れています。「どうせ買うなら自分にピッタリのものを選びたい」という気持ちはあっても、専門的な用語が使われていたり、わからないことも少なくあリません。消費者自らが美容に関する知識を積極的に習得し、数多い商品の中から、ある程度は自分の力で自分に合ったものを正しく選び出せるようにと願っています。


>>>最新の美容サプリ比較ランキングはこちら

歯の構造

歯の美しさを大きく左右するエナメル質は非常に硬く、その97%はハイドロキシアパタイトというリン酸カルシウムからできています。

再生能力がないため一度欠損すると自然治癒しませんが、ムシ歯の初期段階では、溶け出したミネラルを戻す再石灰化で復活します。

エナメル質の下層に象牙質があり、歯髄を保護しています。象牙のように硬いので象牙質と言いますが、エナメル質よりは柔らかいです。



神経がかよっているので、ここにムシ歯が到達すると象牙質に刺激が加わり、痛みを感じます。

象牙質によって保護されている歯髄には神経線維のほかに毛細血管(小動脈や小静脈)、リンパ管を含んでいます。歯の形成や石灰化、溶出、吸収に重要な働きをしています。

歯の周囲を取り囲む、いわゆる歯茎は、正しくは歯肉といいます。口腔粘膜の一部分で、ここに炎症を起こした状態を歯肉炎といいます。

エナメル質と歯肉の聞は、深さ1〜2mm程度の隙聞があいています。

この溝が歯肉溝です。細菌のすみかとなる場合が多く、異常に繁殖して深さ2mmを超すようになった場合の歯肉溝を歯周ポケットとよんでいます。

歯槽骨は、歯の根元(歯根)を支える骨であるため、抜歯後には、歯がなくなったために歯槽骨が吸収されてしまいます。歯槽骨が吸収されると歯は安定しなくなります。

(続く)

さて、美容成分の中で特に人気なのが「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」と言った美肌成分ですが、当サイトではこれらの美肌成分を摂取できるサプリメントを「美容サプリメント」として比較・ランキングしています。

美容サプリメントにご興味がある方はご活用ください。

>>>ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど!美容サプリメント比較